家紋ステッカーとTシャツの音海屋

輪:糸輪|いとわ

輪はその名の通り丸形の輪の形をした紋です。輪は旧い時代には少なく、戦国時代に大いに流行したそうです。他家との識別に便利であるように、あるいは宗家分家との区別など、様々な意図で用いられたのでしょう。

輪にはふとさの順に、厚輪、太輪、中太輪、丸輪、中輪、細輪、糸輪、毛輪など、たくさんのバリエーションが見られます。具象的な変形としては波輪や雪輪があります。輪だけを幾何的に組み合わせた輪違いというのもあります。 輪はそのままで用いられることは少なく、たいていは他の紋の外輪として使われています。

丸形にするとシンボル性が明確で、どんなものにも配置しやすいからでしょうか、大変好まれており、通常よく使われる紋のうち、三分の二が丸形らしいです。日本人は丸が大好きなのですね。


糸輪

糸輪に立ち沢瀉

糸輪に五三桐

糸輪に井桁

糸輪に桔梗

糸輪に違い釘抜き

糸輪に蔦

糸輪に下がり藤

糸輪に違い鷹の羽

糸輪に文

糸輪に束稲

糸輪に重ね三階菱

糸輪に一つ矢尻

糸輪に割り四つ目

糸輪に三つ舵

糸輪に菖蒲革

糸輪に提盤菱

糸輪に釜敷き十曜

糸輪に三つ割り蛇の目

糸輪に巴の角字

糸輪に五つ槌

糸輪に三つ頭合わせ蛤

糸輪に寄せ三つ引き

糸輪に一つ河骨

糸輪に右三つ巴撫で菱

糸輪に蟹

糸輪に菊菱

糸輪に金輪結び柏

糸輪に隅立て子持ち角

糸輪に結び四つ目

糸輪に剣桜

糸輪に剣三つ茶の実

糸輪に五つ井桁

糸輪に五つ稲妻

糸輪に五つ石

糸輪に五つ折れ松葉

糸輪に五角井筒に轡

糸輪に向かい鳩

糸輪に三つ違い挟み

糸輪に三つ違い蝋燭

糸輪に三つ割りの三つ石

糸輪に三つ割り追い片喰

糸輪に三つ剣一つ巴

糸輪に三つ篠笹

糸輪に三つ盛り亀甲に花角

糸輪に三つ組み鳥居

糸輪に三つ楓

糸輪に三つ梨の切り口

糸輪に三つ鉞

糸輪に枝橘

糸輪に十字杵

糸輪に尻合わせ三本扇

糸輪に真向き帆

糸輪に二つ亀甲に花菱崩し

糸輪に捻じ裏梅

糸輪に八つ丁子

糸輪に斑入り違い鷹の羽

糸輪に抱き花杏葉

糸輪に六つ組合せ子持ち亀甲

糸輪に立鼓稲妻

糸輪に六つ唐花

糸輪に蔓三つ銀杏

糸輪に入れ子枡

糸輪に三つ入れ子枡

糸輪に覗き蔦

糸輪に覗き四つ目菱

糸輪に覗き木瓜

糸輪に覗き揚羽蝶

糸輪に覗き抱き角

糸輪に覗き梅鉢

糸輪に覗き三つ柏

糸輪に覗き片喰

糸輪に覗き石竹

糸輪に覗き陰蛇の目

糸輪に覗き桔梗

糸輪に覗き花菱

糸輪に覗き五三桐

糸輪に覗き江戸撫子

糸輪に豆麻の葉

糸輪に豆片喰

糸輪に豆梨の切り口

糸輪に豆違い鷹の羽

糸輪に豆撫子

糸輪に陰豆花菱

糸輪に豆花菱

糸輪に豆桔梗

糸輪に豆向こう橘

糸輪に豆笹竜胆

糸輪に豆三つ銀杏

糸輪に豆三つ巴

糸輪に豆三つ鱗

糸輪に豆四つ目

糸輪に豆中陰蔦

糸輪に豆梅の花

糸輪に豆抱き柊

糸輪中陰蔓片喰

糸輪に陰蔦

糸輪に陰三つ鱗

糸輪に陰匂い梅

糸輪に陰洲浜

糸輪に陰陽二つ銀杏

糸輪に陰陽重ね鱗
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました