家紋ステッカーとTシャツの音海屋

船|ふね

その名の通り船を意匠としたもの。後醍醐天皇が名和氏に、その戦功を讃え、この紋を賜ったという故事があります。戦国時代には長宗我部氏が用いました。珍しい紋ですが、意外と多くの家が用いたようです。意匠的には、帆掛け船と、そのバリエーションが多く用いられています。


帆掛け船

真向き帆掛け船
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました