桜|さくら

「花は桜木、人は武士」といいます。一陣の風に潔く散る風情が、情緒的な日本人好まれるのでしょう。桜花は平安時代から装飾文様として広く用いられてきましたが、家紋としては江戸時代に登場と、案外新顔で使用家も少ないとされています。

家名がパッと散っては縁起が悪いと云うことかも知れませんね。図形としては色々考案され、花弁の狭いものは桜井桜、広いものは細川桜とも呼ばれ、それぞれ大名に用いられました。



丸に桜

山桜

細川桜

大和桜

向こう山桜

三つ割り桜

三つ割り向こう山桜

三つ割り山桜

九曜桜

丸に山桜

雪輪に山桜

石持ち地抜き桜

裏桜

中陰桜

八重桜

陰向こう山桜

捻じ山桜

細山桜

釜敷き山桜

変わり散り桜

月落ち桜

左近桜

分銅桜

蕨桜

陰割り三つ桜

陰桜

陰山桜

陰八重山桜

陰裏桜

外鐶桜

釜敷き桜

結び桜

五つ鐶輪に桜

光琳太陰桜

桜井桜

桜胡蝶

桜蝶

桜浮線綾

桜浮線綾に剣花菱

桜浮線綾に山桜

三つ横見桜

三つ割り細山桜

四つ割り桜に桜

子持ち山桜形

糸輪に剣桜

松葉桜

雀口桜

扇に桜

中陰割り三つ桜

中陰変わり裏桜

中陰裏桜

中輪に細山桜

壷地抜き裏桜

八重山桜

八重大和桜

八重裏桜

平安桜

変わり桜浮線綾

変わり八重桜

蔓桜

毛輪に豆桜

葉付き横見桜

葉付き三つ桜の丸

葉付き裏桜

葉敷桜

鐶桜
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました