杜若|かきつばた

杜若は花の姿がとても優雅で万葉集にも歌われています。王朝時代にはすでに衣服や輿の装飾文様として、公家に愛用されていました。これが後に家紋に転用したわけですが、武門を誉れとする武家には使われず、用いるのは公家に限られたようです。


花杜若

二つ杜若の花

三つ杜若の花

頭合わせ三つ杜若の花

立ち杜若
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました