稲|いね

稲は主食であることからして、日本人に最も身近な植物ですから、古くから紋に使われています。元来、農業の守り神である熊野神社に奉仕する神官、氏子などに用いられ、熊野信仰の普及にともなって全国に広まりました。

積んだ稲穂は穂積とも鈴木ともいいます。鈴木はススキの当て字で、名字としても全国に普及し、稲紋は日本第二の大姓「鈴木」一族の代表紋になっています。意匠的には具象的な稲穂を束ねて丸型にしたものが基本形で、他の紋と組み合わせたものも多くみられます。


左廻り一つ稲の丸

右廻り一つ稲の丸

包み抱き稲

抱き稲

稲荷抱き稲

違い稲

二つ穂変わり抱き稲

包み抱き稲(変わり)

丸に稲荷抱き稲

二つ追い稲の丸

稲鶴

抱き稲に向かい雀

糸輪に束稲

向かい稲菱
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました