家紋ステッカーとTシャツの音海屋

椿|つばき

椿は万葉集にも詠まれ、茶道や華道でも愛でられる馴染み深い花。古くから炭や油など素材としても活かされ、染織物や陶磁器の装飾にもよく配われています。

紋章は花を象ったものですが、花がぽとりと落ちることから戦国大名の家紋としては好まれなかったようです。日本橋水天宮の神紋であり、椿油の産地伊豆大島では住民が椿紋を用いているそうです。


頭合わせ三つ椿

三つ椿車
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました