家紋ステッカーとTシャツの音海屋

引き|ひき

引きは、正しくは引両(ひきりょう)といい、横に引かれた直線を指します。紋としての起源は明らかではありませんが、横に力強く引かれた直線に武家の気骨がよく現れています。引きの数は一つ引きから八つ引きまであります。足利氏が二つ引きを用いたところから、関東に多い紋です。


丸に一つ引き

丸に二つ引き

丸に三つ引き

丸の内に一つ引き

丸の内に二つ引き

丸の内に三つ引き

丸に縦二つ引き

丸に縦三つ引き

丸の内に縦三つ引き

細輪に太三つ引き

丸に太一つ引き

丸に太二つ引き

隅切り角に一つ引き

隅切り角に二つ引き

隅切り角に三つ引き

隅切り鉄砲角に三つ引き

菱に二つ引き

菱に三つ引き

亀甲に一つ引き

亀甲に二つ引き

六角に二つ引き

二重輪に二つ引き

丸に出二つ引き

糸輪に寄せ三つ引き

丸の内に五つ引き

陰丸に二つ引き

陰丸に三つ引き

三つ目に一つ引き

抱き柏に丸に縦三つ引き

一つ引き両に違い鷹の羽

差金違い山形に一引き

三つ星に一つ引き

木瓜に二つ引き

五瓜に丸に三引き

丸に三つ星に一つ引き

丸に一つ引きに三つ鱗

一つ巴に一つ引き

岩城立て引き

新田一つ引き

足利二つ引き

三浦三つ引き

田村縦三つ引き
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました