家紋ステッカーとTシャツの音海屋

日足|ひあし

日足とは日光、太陽光線のことです。昔の人は陽に足が生えているという面白い表現をしたものですね。私たちの祖先はエネルギーの源である太陽を信仰しました。が、日輪は皇室との関係があり、紋章としては一般に用いられず、文様に使われることが多かったようです。

日の丸は戦国時代にも使われていますが、戦場で敵味方の判断をするために、日の丸に足をつけて差別しました。これが日足紋の始まりです。有名な所では武田信玄、上杉謙信など、江戸期には伊達、望月氏らが用いました。北九州にこの紋を使用する家が多いとされています。


六つ日足

八つ日足

十二日足

旭光

旭光日足

変わり十二日足

木下日足

雪輪に十二日足

大村日足

鍋島日足

日足に流水

抱き角に日足
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました