家紋ステッカーとTシャツの音海屋

石|いし

石畳ともいいます。四角い石を地面に敷いた幾何学的な紋様です。連続したものは霰(あられ)模様といい、皆さんご存じの粋な「市松」はこれに当たります。シンプルかつ印象的な紋として、平安時代から使われてきました。

神社に石畳を使うところから、神官・氏子によく用いられたともあります。意匠としては、一つ石から九つ石までバリエーションがあります。


丸に一つ石

丸に三つ石

丸に四つ石

立て三つ石

三つ石

三つ寄せ石

四つ石

繋ぎ平九つ石

丸に三つ盛り立て石

陰竪三つ石

細中陰四つ石

細中陰四つ石

四つ石車

繋ぎ九つ石

四つ食い入り石

丸に陰陽立て三つ石

丸に隅立て四つ石

丸に五つ寄せ石

丸に平五つ石

石持ち

丸に五つ寄せ石2

厚輪に隅立て四つ石

中輪に六つ積み石

石持ち地抜き四つ石

細輪に隅合わせ三つ石

糸輪に三つ割りの三つ石

糸輪に五つ石

総陰丸に隅立て四つ石
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました