家紋ステッカーとTシャツの音海屋

錨|いかり

浅い海で船体をつなぎ止めるための重しが錨の役目です。元々は石や木を使っており「碇」の字を当てていたのですが、時代が下がって鉄製となりました。猫の爪のように引っ掻く形状ですので「錨」という字が生まれたそうです。面白いですね。

船をつなぎ止める威力、形の力強さから紋章になったのでしょう。珍しい紋ですが、明治以降近代になってから、形が制定されたものもあり、けっこう形のバリエーションは豊富です。



海軍錨

汽船錨

錨片喰

丸に汽船錨

細輪に錨

四つ錨

錨桐

綱付き錨

二つ錨

変わり三つ錨
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました