竹|たけ

古来「松竹梅「と賞されるように竹はめでたいものと代表に置かれています。奈良時代には既に文様として使用され、その積雪に耐える強靱な生命力が家紋にふさわしいとされたのでしょうか、室町時代には家紋として普及しました。

竹笹紋は「竹紋・笹紋・根笹紋」に大きく分類され、主に孟宗竹や、若竹、熊笹、五枚笹などが図案の対象になっています。上杉氏の影響により関東から北日本に多い家紋です。
※この項「笹」参照


切り竹に笹

切り竹来留子

丸に切り竹笹に笠

源氏輪に二つ切り竹

丸に二本竹笹

丸に並び切り竹

丸に切り竹十字

丸に篠付き切り竹笹

丸に切り竹笹

竹輪

丸に変わり切り竹笹に笠

丸に二本竹に笠

三つ竹輪違い

竹亀甲に九枚笹

竹輪に九枚笹

竹輪に篠笹

中輪に三つ切り竹

中輪に二本竹と笹
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました