大根|だいこん

春の七草「スズシロ」として親しまれている大根は、古くはオオネと呼ばれていました。漢名では蘿蔔(らふく)、菜菔(らいふく)と呼び、福に通ずるところから家紋になったという説や、将軍綱吉の生母が八百屋の娘であったためという説もあるようです。


割り大根

違い大根
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました