杉|すぎ

杉は大木になる常緑樹であることから、松と同様に神木とされていました。大和の三輪神宮は、杉をご神体としてを祀っており、三輪神を祖神とした大神氏が家紋として用いて普及しました。その流れを流れを汲む幕末の緒方洪庵も杉紋を用いています。

また杉は目印とされ、杉葉が酒屋の看板であったことから、酒に関係した家でも多く用いられています。


一本杉

丸に一本杉

二本杉

丸に二本杉

三本杉

丸に三本杉1

丸に三本杉2

三つ追い杉

割り杉

割り杉菱

頭合わせ三つ割り杉

丸に覗き二本杉

御鏡に杉
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました