薄・芒|すすき

すすきは山野などでごく普通に生息するイネ科の多年草、秋の七草のひとつです。その風姿が好まれたのか、紋章は花葉・穂を象ったもので、尾花紋・穂薄紋ともいわれます。


抱き薄

薄の丸

三つ追い薄

薄に四羽飛び雁

薄丸輪
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました