楓|かえで・もみじ

山が紅く染まるのは本当に美しいですね。平安時代には「紅葉の賀」が催されるなど、古来から紅葉(もみじ)は日本人に親しまれていたようです。そういったことで貴族の間では、衣服の文様として愛用され、やがて家紋に転化したとされています。

紅葉(もみじ)は特定の植物名を差すものではありませんが、家紋では「楓の葉」が使われています。葉単独のもの、葉と枝の組み合わせたもの、蝶形にしたものなど様々なバリエーションがあります。


丸に楓

陰楓

違い楓

尻合わせ三つ楓

中輪に楓

三つ割り楓

中陰尻合わせ三つ楓

中輪に覗き楓

抱き楓

割り楓菱

菱に覗き楓

本国寺楓

杏葉楓

陰尻合わせ三つ楓

割り楓

細輪に三つ楓

散り楓

枝楓

糸輪に三つ楓

実付き三つ楓

石持ち地抜き楓

中輪に立ち楓

浮線楓

楓桐

楓胡蝶

楓枝丸

楓蝶

変わり杏葉楓

変わり尻合わせ三つ楓

抱き枝楓

竜田楓
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました