沢瀉|おもだか

日本十大紋の一つ。オモダカは池や沢、田んぼなどに自生するクワイに似た水草で、可憐な花を咲かせます。古くは王朝時代に貴族の車や武具の文様として用いられ、やがて家紋に転じたものと云われています。

沢瀉は面高「面目が立つ」に通じるとか、葉の形が矢じりに似ている、別名「勝ち草」とも呼ばれるなどのことから、武人の家紋として普及しました。毛利元就が戦に臨む時に沢瀉に蜻蛉が止まったことを吉事として用いたという故事があります。


立ち沢瀉

丸に立ち沢瀉

丸に立ち沢瀉
(五本足)

水野沢瀉

沢瀉に水

抱き沢瀉

中輪に抱き沢瀉

三つ追い沢瀉

長門沢瀉

三つ盛り沢瀉

有馬立ち沢瀉

丸に抱き沢瀉

丸に向こう花沢瀉

糸輪に立ち沢瀉

井桁に立ち沢瀉

石持ち地抜き立ち沢瀉

石持ち地抜き抱き沢瀉

丸に有馬立ち沢瀉

向こう花沢瀉

五瓜に立ち沢瀉

亀甲に立ち沢瀉

隅切り角に立ち沢瀉

七宝沢瀉

隅切り角に抱き沢瀉

八重向こう沢瀉

三つ長門沢瀉

違い沢瀉

陰違い沢瀉

違い葉沢瀉

変わり五つ沢瀉

沢瀉菱

沢瀉桐

沢瀉鶴

大関沢瀉

中津沢瀉

沢瀉巴

変わり沢瀉巴

一つ花沢瀉

沢瀉桔梗

五つ捻じ沢瀉

一つ沢瀉の丸

一つ沢瀉菱

陰三つ追い沢瀉

陰八重向こう沢瀉

陰抱き沢瀉

割り沢瀉

丸に陰沢瀉

丸に葉沢瀉

向こう蔓沢瀉

細抱き沢瀉

三つ割り追い葉
沢瀉に桔梗

三つ寄せ沢瀉

三つ寄せ変わり沢瀉

三つ追い重ね
沢瀉巴

三つ追い葉沢瀉に剣片喰

三本沢瀉

四つ追い葉沢瀉

子持ち抱き沢瀉

糸菱に覗き沢瀉

軸違い並び葉沢瀉

総陰丸に立ち沢瀉

沢瀉胡蝶

沢瀉車

沢瀉折り鶴

沢瀉蝶

中陰違い葉沢瀉

中輪に変わり抱き沢瀉

鉄砲菱に立ち沢瀉

入れ違い葉沢瀉

浮線沢瀉

変わり木瓜沢瀉

変わり三つ追い沢瀉

変わり沢瀉桐

変わり抱き沢瀉菱

変わり向こう花沢瀉

変わり抱き葉沢瀉

抱き沢瀉菱

抱き葉沢瀉に木瓜

木下沢瀉

葉沢瀉菱

六つ蔓沢瀉

六角に葉沢瀉
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました