瓜|うり

文様としては古く唐時代に用いられわが国へ伝来しました。木瓜とも記しますので胡瓜の切り口を連想しますが、本当は地上の鳥の巣を表現したものとされています。神社の御簾の帽額(もこう)に多く使われた文様であったので、もっこうと呼ばれるようになったと云います。

鳥の巣は子孫繁栄を意味し、神社で用いる御簾は吉祥であるということから、めでたい紋とされ、織田信長を代表として家紋とした武家は多くあります。その幾何学的で図案化しやすい絵柄からも分かるように、大変バリエーションの多い紋です。
※この項「木瓜」参照


木瓜

五瓜に唐花

丸に五瓜に唐花

織田瓜

大村瓜

五瓜に梅鉢

五瓜に違い鷹の羽

五瓜に桔梗

五瓜に五三桐

五瓜に橘

五瓜に二つ巴

五瓜に四つ目

五瓜に片喰

五瓜に剣片喰

五瓜に抱き柏

五瓜に蔦

五瓜に三つ柏

五瓜に三つ巴

五瓜に抱き茗荷

五瓜に蔓柏

五瓜に違い矢

五瓜に隅立て一つ目

五瓜に井桁

五瓜に下がり藤

五瓜に四方剣花菱

五瓜に丸に三引き

五瓜に九枚笹

五瓜に木瓜

五瓜に片手蔓柏

五瓜に一の字

五瓜に立ち沢瀉

五瓜に渡辺星

三井瓜

隅入り角に木瓜

中陰松皮菱に木瓜

五瓜に九曜

井桁に木瓜

丸に木瓜

石持ち地抜き木瓜

四方木瓜

丸に四方木瓜

唐木瓜

丸に唐木瓜

立ち木瓜

堀田木瓜

唐鐶木瓜

剣木瓜

蔓木瓜

木瓜菱

木瓜に四つ目

庵木瓜

山形に木瓜

木瓜に二つ引き

丸に覗き木瓜

三つ盛り木瓜

細輪に三つ盛り木瓜

割り木瓜

三つ割り木瓜

隅切り角に木瓜

丸に鐶木瓜

丸に剣木瓜

丸に木瓜に五三桐

陰丸に陰木瓜

二重輪に木瓜

四方木瓜に抱き茗荷

四方木瓜に並び矢

丸に四方木瓜に剣片喰

雪輪に木瓜

鐶木瓜

瓜桐

太田瓜

相良瓜

丸に三つ蔓瓜

細輪に五つ瓜

抱き瓜

細輪に立ち木瓜

木瓜巴

陰木瓜に三つ巴

割り木瓜菱

木瓜形

石持ち地抜き四方木瓜

剣四方木瓜

一重瓜に木瓜

陰五瓜に唐花

瓜の花

瓜輪

剣五瓜に唐花

五瓜に六つ剣唐花

三つ瓜に唐花

柴村瓜

鷹取瓜

中陰五瓜に唐花

唐五瓜に唐花

二つ割り瓜

米田瓜

変わり瓜に三つ巴

木村瓜

六つ瓜に唐花
家紋千社札の音海屋
タイトルとURLをコピーしました