植物紋

萩|はぎ

ご存じ秋の七草の一つですね。その可憐な風情が古代から風流人に愛され、器物や衣装などの文様として利用されてきました。家紋としては抱萩、萩丸、割萩、束萩などあります。 束ね萩 抱き萩 萩の丸 抱き割り...
植物紋

芭蕉|ばしょう

異国情緒たっぷりの家紋です。古い紋帳には見あたらないことから、成立は後生とされています。別名を優曇華ともいうそうです。 三つ芭蕉 丸に並び芭蕉 三つ割り芭蕉 三つ追い芭蕉 折れ芭蕉 中...
植物紋

蓮|はす

原産地はインドといわれ,日本には中国を通じて伝わりました。仏像の台座に蓮華座というのがありますが、蓮華とは蓮の花そのものを指す言葉です。 家紋として成立は明らかでありませんが、仏教との関わりが深く、華やかかつ清純な花弁が愛されたからで...
植物紋

花角|はなかく

菱紋のバリエーションの一つです。よく似た紋に花菱紋がありますが、花菱が菱の形になっていることに対して、花角は角が立っており正方形の形になります。 七宝に花角 丸に七宝花角 柏七宝に花角 外割り七宝...
植物紋

花菱|はなびし

菱紋のバリエーションの一つです。菱形の文様を四分してそれを四弁の花に見立てています。唐花菱、唐花とも呼ばれており、もともと大陸伝来の文様とされています。 よく似た紋に花角紋がありますが、花角が角が立ち正方形の形になっていることに対して...
動物紋

鳩|はと

鳩の紋とは珍しいですね。しかしある種の動物は、いわゆる神の使いとして古来より、家紋のモチーフとして採用されてきました。なかでも鳩は八幡大菩薩の使いとされて、勝利を呼ぶ瑞鳥として、様々な記録に登場しています。 平安時代には平家物語にも登...
動物紋

蛤|はまぐり

蛤は古来、縁起がよいとされ、慶賀の席には必ず用いられてきた食品です。厄除け、魔除けとしての意味もありますが、貝合せの蛤が一対の貝以外の他の貝とは決して合わないことから、貞淑=夫婦和合という意味合いもあり、披露宴料理に用いられてきました。 ...
器物紋

羽子板|はごいた

羽根突きの起源は古く、室町時代には公家がこれで遊んだという記述があります。その後江戸時代に入ると庶民の遊びとして、大いに流行しました。家紋のデザインとしては現代に伝えられていますが、武家で使用したという記録はないそうですから、庶民によって作...
器物紋

鋏|はさみ

もちろん洋ハサミではなく和挟の意匠が用いられています。武家の使用例が見当たらないところから、近世になって作られた新紋とされています。 丸に一つ鋏 丸に並び鋏 丸に違い鋏
器物紋

梯子|はしご

高い所に登るために必要な道具であることから、縁起を担いで紋章化されたという説がありますが、むしろハシゴは攻城戦に欠かせないことから、尚武をイメージしたのではないでしょうか。松平伊豆守が馬印で用いたそうです。 九段梯子 ...
器物紋

旗|はた

風に勇壮になびく旗は、源平の赤旗白旗でよく知られるように、古代から武家に用いられてきました。しかし家紋を旗に染めることは流行りましたが、旗そのものを家紋として使っている使用家は少ないようです。 丸に一つ旗 二つ違い国...
器物紋

羽根|はね

羽子板と同じように、正月に羽根突きをして遊ぶ羽根を紋章としたものです。 羽根 羽根桐 一つ羽根の丸 三つ羽根 四つ羽根 五つ羽根 三つ割り羽根 六つ亀甲羽子板に羽根...
sponsor link
タイトルとURLをコピーしました